スマホからLolipopでサーバーを借りる

【広告】

ナウでヤング……

お手頃価格で使えるレンタルサーバーの一つ、ロリポップ!

『ナウでヤングなレンタルサーバー』をうたい文句にしているだけあってお値段はお手頃。
スマホからでも機能がいろいろ使えるあたりはパソコンを持っていないスマホオンリーの人にも優しい。



正直なところ、画像とうたい文句のセンスは好みの分かれるところではあると思う。
(↑初めて見たときこれ大丈夫かなと不安になって使うのをやめた人)

001

とはいえこんな感じで公式サイトをスマホ対応にしてくれているので、わざわざピンチしてスワイプなんて不便を強いられることもなくサイトを作れる。
書いてある通り10日間の無料お試し期間があり、その間でも昨日はフルにつかえるのでさっそく登録。

##どのプランにする?

ロリポップ!には4種類のプランが用意されている。

002

なかなか画像が表示されないぞ、あるいは文字が見えへんやんけという人向けに文字に起こすとこの通り。

エコノミー: 初期費用1500円、月額100円の一番安いプラン、容量10GB。
めちゃくちゃ安く使える代わりにデータベースが使えないので、Wordpressが使えない。
ライト: 初期費用1500円、月額300円(※6ヶ月以上まとめて契約すると1ヶ月あたり250円に割引)のプラン、容量50GB。
Wordpressが使える一番安いプラン。
スタンダード: 初期費用1500円、月額600円(※6ヶ月以上まとめて契約すると1ヶ月あたり500円に割引)のプラン、容量120GB。
Wordpressが使える。
エンタープライズ: 初期費用3000円、月額2300円(※6ヶ月以上まとめて契約すると1ヶ月あたり2000円に割引)の一番高いプラン、容量400GB。
エンタープライズの名が付く通り事業向けプラン、というかここまでの容量を個人で使うのも難しいのでは。

WordPressでサイト作りを始めたい、という人はまずライトプランから始めるのがいいと思う。
というのも、ロリポップは今のプランより上のプランに変更することは出来ても下のプランに変えることはできない。
なので安い方のプランで初めて、サーバーの容量が足りなくなって来たら上のプラン、という風にした方がいいと思う。

ちなみにエコノミープランでもWordpressを使う方法もなくはない。
SQLiteという簡易版のデータベースが入っているのでそれに合わせてWordpressのファイルを書き換えてプラグインを入れればいい、らしい。
ただこの方法だと使えなくなるプラグインが結構あり、データ保存時にエラーになって困ることもあるんだとか。
せっかく保存したデータがネットの海に消えて行った、なんていうことにならないよう、ライトプランから始めるのが吉。

登録手順

003
上のプラン一覧から使いたいものを選んでタップ/クリックするとアカウントの作成画面に飛ぶ。
アカウント名のところに自分のサイトのアドレスに入れたい語(サークル名とかサイトのタイトルやハンドルネームにちなんだものとか)を入れて、好きなロリポップのドメイン(サイトのアドレスの後半部分)を選ぶ。

このサイトのアドレスだと、http://catnightwalker.hiho.jp/のcatnightwalkerの部分がアカウント名、hiho.jpがロリポップが持っているドメイン(ネット上の住所みたいなもの)になる。

ここで決めるパスワードはサーバーの管理画面にログインするときに使うもの。
Wordpressの管理画面にログインするのに使うのとはまた別のものなので、間違えないように注意。

※メモ
Wordpressを使ってサイトを作るときには二つのパスワードを設定する必要がある。
『サーバーのアカウントにログインするときのパスワード』
『Wordpressの管理画面にログインするときのパスワード』

004

次に申し込み内容を登録。
お支払いの関係があるので嘘をつかずに正直に登録しませう。
クレジットカード払いでなくとも『プライバシー的に不安だから』とか言って嘘の情報を登録していると、何かしらあらぬ疑いをかけられたりしたときに面倒くさいので。

005

全部入力したら入力内容の確認画面へ。
間違いがないことを確認したら登録完了、即Wordpressがインストールできるようになる。

006

お試し期間中は10日間。
登録が済めば即始まる。

早速インストールしてみる。

広告
【広告】