手のつけようもないほど散らかってるときは取りあえず25個ルール


取りあえず25個!25個だ!

初出は2chの掃除全般板(掃除関係全般のネタを取り扱うスレッドの集まる掲示板)だと思われる。

■25個ルール
部屋掃除、皆様ご苦労。
では、貴方に指令です。
今すぐ25個のモノを片付けなさい。
床に落ちているゴミをゴミ箱の中に入れる、
出ている本を1冊本棚に戻す等も1カウントとします。
さっ、このレスを読んだら、すぐ始めて!

※超時間が無い時は5個ルールでやって下さい。

(※引用元:掃除全般板・25個ルールスレッドの1番最初の書き込みより)

取りあえず25個、ともかく時間がねえんだよというときは5個だけ何かゴミ箱に入れたりどこかへしまったりする、という単純なルール。
もちろん25個(5個)捨ててからまだ目につくものがあるなというときはそのまま続行しても構わないはず。

25個ルールの効果

  • 人間の脳は作業をしているうちにやる気が出てくるようになっているらしい
  • 手の付けどころがわからないときのとりあえずの取っ掛かりに

やる気が出ないときは取りあえず手なり体なりを動かしているとやる気が出てくる、という話があって、作業をしていると脳が動いてスイッチが入るようになっているのだとか。
つまり、とりあえず25個捨てるものを探している間に脳の中で片付け作業をするスイッチが入って片付けやすくなる、ということ。
25個片付けてやる気が出ていれば続行してもよし、とりあえず今日はこれだけ、でやめてもよし。
(ということは逆に薄い本の原稿やPixivなんかへ投稿するものを書いているときは先に脳の中で思いついたネタを形にする作業をしているのでスイッチが入っている、ということに……?)

やる気はあるんです、サー!
でも部屋の中はジェラルド博士が原付で走り抜けたタイフーンが通り過ぎたあとみたいな有様で、どこから手を付けたらいいのかわかりません!

というときにも25個ルールは片付けの手助けをしてくれる。
(※ジェラルド博士が原付で~:SCP-666-J ジェラルド博士の運転スキル
SCPという世界観共有型創作都市伝説のジョーク枠の一つ。
ジェラルド博士という人物が乗り物を運転すると博士本人以外、同乗者も周囲の人も彼が巻き起こす事故のとばっちりで死ぬ。
面白いので是非どうぞ)

とにかく散らかっていて何がゴミなのかゴミでないのかわからない。
どこから手を付けていいのかわからないしこの中に捨てちゃまずいもの(各種チケットとか)が隠れている可能性が高い。

そんな時には25個ルール。
手近なゴミ箱、買い物した時のビニール袋、地域指定のゴミ袋、何でもいいので片手に持ってとりあえず25個拾って捨てる。
最低でもゴミ25個分は片付けが進み、部屋にわずかでも空間が生まれる。

床とか机、棚の上に散らかっているものでやってもいいし、カバンの中身や財布の中のレシートやクーポンでもいい。
汚部屋からの脱出を目指す系のスレッドの名言にこうある。


『捨てろ。
話はそれからだ』

汚い部屋のままで新年を迎えたくない。
いざ原稿を始めると部屋が散らかっているのが気になって集中できない。

とりあえず25個から始めれば、少しずつ部屋は綺麗になるはず、である。
(さすがに1日に25個もゴミが増えるとかレシートとかを除けばないはずだし……)


広告